電車が通る住まい環境|高い人気を誇る山下建設|若い世代を中心に支持を獲得

高い人気を誇る山下建設|若い世代を中心に支持を獲得

住宅

電車が通る住まい環境

建築

リフォームの手がある

阪和線の駅間によって、住宅地や田園都市などが広がり、線路沿いでは建物の揺れや騒音問題などによる戸建ての売却も少なからず行われています。不動産売却では価格交渉次第で庭付き、敷地面積の広い一戸建てを思いがけない価格で手に入れることもできます。阪和線の交通の便はよく、土地や建物を安く手に入れた後、リノベーションやリフォームで問題点を解決し、最適な住まいへと替えることが期待できます。耐震性などの性能には一級建築士や建築施工管理技士に相談可能です。インテリアコーディネーターなどからアドバイスを受け、デザインセンスのよい空間づくりも期待できます。また、耐震、省エネ、バリアフリーのリフォームなどでは税金の一部が戻ってくるため、住まいの不安を安心に変えるにも魅力的です。コンクリート造の一戸建ては構造の特徴も様々で、リフォームのしやすさなども加味できるプロに一任するのもテクニックです。

音の響きに着目

西日本旅客鉄道の路線となる阪和線沿いの戸建ての売却は意外と多く、駅近物件は人気度がありますが、騒音源となりやすいのも特徴です。買い手側の条件の中には、あって欲しい・欲しくない施設に幹線道路や線路などが挙げられています。阪和線沿いでは、騒音問題に直結するコンクリート床スラブなどの構造が、生活音のトラブルの1つになることもあります。床や壁の構造によっても音の伝わり方は違い、遮音等級も重要視すべきです。物音がかすかに聞こえる程度はL40で表記されています。また立地条件にこだわらないのであれば、予算内で新築戸建てを購入することも可能で、現地へは今後電車を利用するならば電車で見学することも大事です。またデザイナーズなどは人気の家づくりで、コンクリート打ちっぱなしなどの空間デザインは戸建てでも流行りです。コンクリートは湿気に悩まされることもあり、通風まで意識したり、強度まで考えた場合、買い時となるのは築3年頃からです。こうした条件を加味した購入が、交渉と共にポイントになります。